2010年04月|Coolong Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズンですね5(終了

今シーズンも終了となりました。
雪が多く怪我も無く楽しめた事に感謝です^^。

来季も楽しく遊ぶために道具を片付けましょう。

s-CIMG0930.jpg

↑3シーズン目を終了した板は毎年チューンアップに出していても、サイドベースバーン?になってるらしく板の両側10cmくらいがざらざらになっています。またコンベックスが酷い状態です。
真鍮ブラシを掛けると薄黒いカスが沢山出てきます。
対応策をネットで調べると 紙やすりで削ると良い と出てる記事がありました。
で、早速耐水性紙やすりを数種類とあて木を購入しました。


s-CIMG0926.jpg

↑紙やすりは240番・320番・400番・800番・1000番を用意しました。
水を多めに付けて240番から始め1000番まで順番にやすりを掛けます。

始めるとすぐにカスがボロボロと出ましたヽ(‘ ∇‘ )ノ
まずはサイドを中心に前後は気にせずにせっせっせと削ります。

作業をしてる最中ネットを調べると、ベースを削る前にエッジチューンを先にやった方が良いみたいですが、何も工具を持っていなかったので夏までに揃えて作業をする事にしました。

s-CIMG0925.jpg

↑そして全体にやすりを掛けます。
このときコンベックス面を気にしながらやすりを掛けると結構フラットになります。
これを1000番まで掛けるともうツルッツルv^^

s-CIMG0940.jpg

↑実は今シーズン、滑っている人の板に当ててしまい凹んだ場所にリペアキャンドルを施しました・・・が、素人加工だったようであまり綺麗に出来たとは言えない物でした。
リペアキャンドルはロウソク等使い溶かし、傷に入れますが煤が入り多少黒くなってしまいました><。
その後分ったのですが、半田ごてで溶かすと綺麗に出来るそうです。また専用のコテも売ってます(最近知った・・

s-CIMG0921.jpg
s-CIMG0938.jpg
s-CIMG0936.jpg


↑削り終わった面です。
この後ベースワックスのピンクを入れスクレイプを3回繰り返しラッピングです。

s-CIMG0955.jpg

↑完成これで来シーズン前・・・いや夏場までこの状態で置いておきます。
夏場にエッジチューンとベースワックスのパープル・ブルー・グリーンをやりたいと思います。

s-CIMG0957.jpg

↑次にビンディングをすべてばらし壊れているところなど無いかチェックします。
そしてクリーナーで綺麗にします。
組み立てはネジを軽く締めた状態にし、保存します。

s-CIMG0962.jpg

↑ブーツもクリ―ナーで綺麗に拭きビンディングの付属部品と共に仕舞います。

これでまた来シーズンも楽しませてくれる事でしょう。

s-CIMG0953.jpg

↑おまけ 作業中庭で遊んでました^^



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。