2010年01月|Coolong Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズンですね4

今回はスノーボーダーの聖地?とまで言われる 

アルツ磐梯スキー場にやってまいりました。

アルツ磐梯公式

s-CIMG0880.jpg

↑今回はスキー場の目の前にあるホテルを予約して泊まりで滑りにきました。

土曜日泊まりだと1人29000円位。(1泊2食2日間チケ付き)
日曜日泊まりだと1人19000円位。(上と同じ)

当然日曜日泊まりにしました。

家を6時に出発、高速道路途中に積雪があり多少時間が掛かりましたが7時過ぎには到着(早すぎたw


ホテルに着き、カウンターへ向かい予約の事を伝えると、丁寧で細かい説明と共にルームカード・リフトチケットを渡されます。

着替えをして荷物預かり所に預けて早速滑りに。

まず1本目はホテル前の初心者コース(7番)を軽く流す・・・・・はずだったのですが、

どこぞの県のスキー連盟の貸し切りとなっており、その隣の上級コース(6番)を滑ることに><

朝一で上級コースは素晴らしく怖い((;゚Д゚)ガクガクブルブル
それを軽く木の葉で下りました。

体を温めるもなにも出来ないので、第5ペアリフトに乗り初心者コース(8番)に行きました。

もうすでに他の人がいますが、それでもキシキシと心地よい音が聞こえます。

8時半になり、第4クワッドリフトがオープン。

それに乗り猫魔ボールⅠへ

s-CIMG0878.jpg

↑第4クワッドを下りて下界の眺め。雲海が綺麗。しかも雲海の下には・・・・

s-CIMG0875.jpg

↑同じくクワッドを下りて山の眺め。

s-CIMG0873.jpg

↑同じく猫魔山

s-CIMG0872.jpg

↑同じく猫魔ボールⅡ

ここからの眺めは360°パノラマですねーー朝の空気が冷えびえしてて気が引き締まります^^

早速滑ってみました。

気持ちえええええええええええぇぇぇえぇぇぇぇぇ~~~~~

s-CIMG0899.jpg

↑最初の分かれ道(9番方面

s-CIMG0898.jpg

↑同じく(8番方面

最初は傾斜が緩そうなこちらへと滑ってまいりました。

この後同じリフトを使い(12番10番)と進み猫魔ボールⅡへと行きました。

猫魔ボールⅡの中級コースに行きました、自分が滑れるようなコース(24番25番)は貸し切りになっており他コースを進むことになりましたが、  

むり@@

朝の上級コースより無理。私の力量ではとても楽しく滑れる傾斜ではありません。

そろそろと滑り下りTha Rider'sに向かいました。

s-CIMG0907.jpg

↑Tha Rider's外見
既存の「スキー場レストラン」の概念を打ち破る、新感覚デザイナーズカフェ。
豪快でボリューム満点なランチから、食事代わりになるくらいの具だくさんフレッシュサラダとスープを提供しています。また、「スキーヤー・スノーボーダー」の集う場所として、ソファのあるラウンジや、仲間同士で遊べるビリヤード、テーブルサッカー、そしてスケートボードランページも設置。
ランチだけでなく、「滞在そのもの」を楽しんでいただけます。

と説明されています。

s-CIMG0904.jpg
s-CIMG0902.jpg

↑古いバートンの板が飾ってあり、一部このようなカフェになってます。

s-CIMG0900.jpg

↑カフェの目の前のジャンプ台。

うまいもんですね~私も飛んでみたいが・・・・まぁ止めておきます。


お昼ごはんはリゾートセンターに戻り 保証付きカレーを食べました。


s-CIMG0887.jpg

↑すみません食べる前に写真を撮れば良かったのに・・・食べ始めてから気が付きましたw

さすが保証付きカレー 美味い~~~~♪
口当たりが柔らかな味ですねー
ココナツかな・・・・そんな感じの味が・・・違ってたらすまん。

ちなみにご飯の形が磐梯山になってます。

この後は8番と26番~29番と滑りチェックインの3時半にホテルへと・・・

温泉に浸かり、足ノ裏やふくらはぎを良く揉み揉みして夕方までひと眠り。

夕食はバイキングです。一人でバイキングは寂しいな・・・
だけど一人でコース料理はもっと嫌だな・・
まぁ仕方ない・・・今度は誰かと・・・きっと・・・多分・・・・いつか・・・orz


(・∀・)では次の日
昨日ほどお客さんがいらっしゃいません。
クワッドリフト乗り場も仕切りが無くなってます。


s-CIMG0894.jpg

↑昨日見えた雲海の下は猪苗代湖でした。

そして昨日の9番コースへと。

自分以外にだれもいません!!

プライベートゲレンデのようです。さすが平日 月曜日!!

平日休みの人がうらやましい。

また9番コースの斜面に慣れたみたいで、かなりうまく滑れたと自負しておりますw

そして昼ごはんを食べて帰路へと・・・


今年は雪質が良かったんですね・・・うまく滑れたように思います。

今ままで滑ったスキー場は少ないですが、苗場の田代並みに気持ちのいい滑りでした。

来年も来たいですね。来れるように頑張ります。


PS:バートンのビーニー買っちゃいました^^センター内で売ってたんでつい・・・
自分では似合うと思ってます。。。。







スポンサーサイト

テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

シーズンですね3

今シーズン2回目となる 那須マウントジーンズスキー場へと行ってきました。

マウントジーンズ公式

s-CIMG0843.jpg

↑ 1月3連休の日曜日 朝8時のベースロッジの風景
まだ人がまばらです。ゴンドラより撮影。

s-CIMG0842.jpg

↑ 一本目滑った後の撮影。連休かよ?と言うくらい誰もいない。

s-CIMG0854.jpg

↑公式のコース名 ノースウッドトレイル ベースロッジから見て一番右側のコース。
それこそ誰もいない!!

圧雪された雪がキシキシと鳴り、非常にきもちいいいいいいいいいいいいいーーーー♪
いつもは誰かとぶつかるのでは無いかと心配であまり派手に滑れないのだが、今日は違った^^

s-CIMG0853.jpg

↑リフト中に撮った雪の結晶。すごくきれい


しかし2本目3本目と滑るうちに人が増えてきたので休憩がてら一旦ベースロッジへ・・・

s-CIMG0861.jpg

↑ (  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!

人が沢山いる・・・
やっぱり連休か・・・・
よく見ると家族連れが多いです。お父さんは大変ですねー。

休憩で缶コーヒーを飲んでゴンドラへ向かったら、さっきの写真の倍近いお客様!

s-CIMG0862.jpg

↑混雑してきたゲレンデ。

さっき板ぶつけられた (`Д´) ムキー!ー止まる事が出来ずにガツンと・・・
わざとじゃ無いから怒ることも出来ないし・・

結局もう2本程渋滞に悩まされながら滑って食事に向かいました・・・



(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!
まだ11:00前なのに席が無い!!!皆さん座ってらっしゃる。

そうです。
子供さんをスキースクールに入れてる時間に暇なお母様方が席を占有してらっしゃいました・・・

子供さんが帰って来たら一緒に食事を取るために座ってらっしゃるんでしょうけど・・

レストランの係の方が席取りをされないようにと叫んでいますが、皆さん聞きませんw
出来れば占有されてる本人に直接おっしゃったら如何でしょうか?


座れない人でごった返しています。
テーブルで寝てしまってる若者もいます。

レストラン入口の階段でトレーを膝の上に置いて食事をしてるお子さんもいます。
同じ食事のはずなのに、なぜこんな事になるんでしょうか・・・

こんな事になるなら全面片側だけのカウンター式にしたら如何でしょうか?
これなら席押さえも減るし、集客人数も増えるんじゃないですか?
なまじっか対面で座れるからゆっくりしちゃうんですよw


まぁ私はいつも一人なんでどうにでもなりますが
フライドポテト一つ買って席に置きっぱなしにしてDSで遊んでるどこかのお母さんのテーブルで,「アナゴ天ぷら丼」を美味しく食べさせて頂きました。
www
じょーだんじゃねーーーーーーーーーYO
どこの半島人が占有してるんだ?周りの迷惑考えろYO

食事に来る前にゴンドラに乗っていたんですが、ゴンドラ内で2~3家族で来てる方が携帯で「これからレストラン行くから席押さえておいてーー」と話してましたが、これもそうなんでしょうね・・・

てかね・・・他人も乗ってるゴンドラ内で携帯ってのも如何なものでしょう?

誰かにダメ!と判を押してもらわないとモラルを持った行動も出来ないのでしょうか?

これをあなたのお子さんが横で見てます。大人になり同じ行動をしますよ。

スキー場でのマナーって言うのもかなり酷いです。

ボーダー初心者の方?は サンアップ と言うコースで一番狭く傾斜がきつい場所の真ん中で座っていますww

子供に教えるために一緒にアヒルのようにコース幅一杯に蛇行してるスキーヤーの方・・・

ダメとは言いません。せめてもう少し人が少ない時にやってもらえませんか?

事故が起きてからでは遅いです。


当スキー場ではマナーアップの為にマナーを教える人をボランティアでお願いしてるらしいです。(
見たこと無いけどね^^;

明日はハンターマウンテンに行ってきます。

来週は待望のアルツ磐梯お泊り計画発動です。








テーマ : スノーボード - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。